レーザー脱毛とヒカリ脱毛の違い

###Site Name###

若い女性を中心に自己処理から脱毛サロンにチェンジされる方が増えています。脱毛は大きく2つに分かれます。

1つは通う脱毛、もう1つはその都度受ける脱毛です。
その都度受ける脱毛の多くがワックス脱毛です。

専用のワックス剤を肌に塗りはがすというシンプルな方法です。
通う脱毛は今の主流の脱毛です。

エステサロンではヒカリ脱毛、美容クリニックなどではレーザー脱毛を受けます。


どちらも熱を、毛根に照射してダメージを与えるという方法です。



この照射熱はメラニン色素に反応します。

毛には強く照射できますが、肌にはダメージを与えることはありません。
レーザー脱毛には毛根にダメージを与えるだけでなく、毛根にいる毛母細胞を破壊することができます。

そのため永久脱毛も可能です。

この細胞を破壊するというのが医療行為になるので、レーザー脱毛は医療機関でしか施術を受けることができません。最近は機械の性能もとても良くなったので、短時間で痛みも最低限に抑えることができます。


費用も今までよりはリーズナブルになり、全身脱毛でも30万円以内で受けられるクリニックも増えています。

アフターケアやアフターフォローの充実していて、クリニックによっては決められた回数の施術を受けても生えてきた場合、何年間かは無料で施術が受けられるところもあります。

しつこく勧誘されることもないので、とても安心してカウンセリングから受けられます。

もし脱毛を希望する場合はあらかじめ剃刀などで処理をして来院するようにしてください。


美容のプロにお任せしてムダ毛のお手入れをすると気に、2種類の選択肢を考える必要があります。

しようクリニックでの医療レーザー脱毛か、エステサロンでのフラッシュ脱毛かです。

医療クリニックで行うのは、医療レーザー脱毛になります。

脱毛専門サロンやエステティックで行うお手入れは、光脱毛です。

同じ脱毛でも、光脱毛とレーザー脱毛は違いがあります。


ザックリというと、照射時の波長が全く違います。

エステでの光脱毛は、広い範囲を照射するのにも優れている、複数の波長の入り混じった光での施術になります。


これに対し、医療レーザーは的を絞った照射で、パワーが強く、誰でも担当をできものではありません。

エステで取り扱うフラッシュ脱毛のマシンは、照射出力が低く制限もあるため、資格などなくても取り扱いは可能です。

医療レーザーになると、医療従事者であり、専門の知識と技術がないと、取り扱うことはできません。

光脱毛はエステでもできますが、クリニックでもマシンを導入していることがあります。
それでも、クリニックの脱毛は、医療レーザーのマシンがメインです。
医療レーザーでの施術は、永久脱毛でもあります。


これに対し、エステでの光脱毛には永久性はなく、毛の量を減らしていくのを目的としています。
どちらの場合も、脱毛を行うためには、毛周期に合わせる必要があります。

ここでも違ってくるのは、威力が違うため、医療レーザー脱毛の方が完了も早く迎えます。


以前よりも脱毛が身近な存在となり、自己処理をしているという人は徐々に減少傾向にあります。

自己処理とは比べ物にならないくらい、ツルツルのお肌を手に入れられることが人気の理由のひとつです。

脱毛は、脱毛サロンや脱毛クリニックで受けることができますが、最近はより高い効果が期待できる脱毛クリニックが人気となっています。脱毛クリニックでは、レーザー脱毛という方法で脱毛を行います。

レーザー脱毛は黒い色素に反応する特殊なレーザーを使って脱毛を行うのですが、脱毛サロンに比べて高い出力で施術を行うことが可能です。光の出力が高ければ、脱毛効果も高くなりますので、レーザー脱毛のほうが効果が高いと言えます。

高出力で施術を行う分、多少の痛みは伴いますが我慢できないほどの痛みは感じないため、誰でも安心して受けることができます。
1回の施術での効果が高いため、脱毛サロンよりも少ない回数で脱毛が終わるということも魅力です。


脱毛サロンではなかなか満足の行く効果を実感できなかったという人も、レーザー脱毛なら何度かくり返し受けて行くたびに徐々に脱毛を実感できた、という人も多いです。

脱毛クリニックは肌のこともしっかりと考えて施術を行っているため、美肌効果も期待できます。

レーザー脱毛は肌表面のキメを整えたり毛穴が小さくなったりと、ムダ毛がなくなるだけではなく肌表面の美容効果も大きいため、多くの女性に支持されている脱毛方法です。

レーザー脱毛はメラニン色素に反応するレーザーを使用した脱毛です。

メラニン色素は皮膚にも含まれているため、日本で使用されるレーザーは皮膚表面で反応しにくく、皮膚の奥に作用しやすい波長の長いものが使用されます。

レーザーを照射すると、毛根が熱を持ち、毛母細胞が破壊されることで毛が再生しなくなります。

レーザー脱毛はメラニン色素を持っている毛根に作用します。
メラニン色素が少ない毛周期の成長期以外の毛には効果がほとんどないため、1回の施術で永久脱毛はできません。


毛周期に合わせて効率良く脱毛を行った場合、5、6回程度で脱毛が終わります。

毛周期は2、3か月なので脱毛にかかる期間は短くても1年なので、効果が高いと言われるレーザー脱毛でも、即座に永久脱毛できるものではありません。



レーザー脱毛で使用されるレーザーはメラニン色素を焼く作用もあるため、照射を行った皮膚のホクロやシミが薄くなっていきます。もしホクロを薄くしたくない場合は照射を避けるように進言します。ただし、施術の本来の目的は脱毛であり、色素の濃い部位への照射は皮膚トラブルの危険性が高くなります。

そのため、色が黒すぎる部位は無理に照射は行いません。

このような部位は通常よりもさらに長い波長のレーザーで施術を受けるか、針脱毛で処理します。

レーザー脱毛で使用されるレーザーには種類があり、通常はアレキサンドライトレーザーかダイオードレーザーを使用します。



皮膚の色素が濃い部位は波長の長いヤグレーザーを使用しますが、メラニン色素への反応も弱くなり、効果も落ちます。

ただし、波長が長いため毛根の深い髭には他のレーザーよりも届きやすくなり、効果的になります。
レーザー脱毛は、文字通りにレーザーによる脱毛のことを言います。
なぜなら、レーザーは医療機関でしか使うことができない、高い出力を持つ光だからです。

そのために、エステではフラッシュや光と呼ばれる方法で施術を行います。

レーザーの光は、毛根を破壊することで、ムダ毛が二度と生えてこないようにします。フラッシュではそこまでの出力がないために、破壊することはできず、施術した部位から再び毛が生えてしまうことがあります。出力の違いは、脱毛を終えるまでの期間の差にもつながります。


レーザー脱毛であれば、5回ほどの施術でムダ毛がなくなりますが、エステではその倍から3回の期間がかかります。
レーザー脱毛を受けることができるのは、皮膚科や美容外科を扱う病院です。病院なので、医師や看護師が在籍しています。


医師が皮膚と毛の状態を確認した上で施術をするので、自分に合った脱毛ができます。


エステには、医師や看護師など医療の資格を持ったスタッフはほとんどいません。

病院であれば、お肌に万一のトラブルがあったときもすぐに診察してもらうことができ、薬を処方してくれます。

しかし、医師がいないエステでは診察も処方もできません。

ドクターサポートがあるから安心と言うエステもありますが、エステ側は紹介するだけで、何もしてくれないことがほとんどです。