永久脱毛するにはエステサロンか美容外科

###Site Name###

夏場になると肌の露出が多くなりムダ毛の処理をするのも一苦労です。 特に女性の方は細かいところまで気になります。 そんな悩みを解消するには永久脱毛だと思い調べたは良いが、値段も施術回数も全然違うという状況に悩まれた方は多くいらっしゃいます。 まず値段の差が生まれているのはエステサロンか美容外科であるかの違いです。

それぞれが同じ永久脱毛を宣伝していますが、費用や施術回数、また効果までも大きく異なってきます。 まずエステサロンですが、ここで永久脱毛を受けるメリットは、費用が比較的安く脱毛時に受ける痛みがほとんどない事です。

フラッシュ脱毛と言って光を当てて毛根細胞を死滅させていく機械なのですが、デメリットは当て方によってムラができてしまうことや、 その光が死滅させる威力が弱い事です。そのため施術回数も増えてしまい、毛根細胞を完全に死滅させてしまうまて時間がかかってしまいます。 そうすると決まった回数の中では毛が無くならずにまた受け直す方も多くいらっしゃいます。



結局費用がかかってしまう可能性もあります。美容外科ではレーザー脱毛を取り入れていて、費用は少し高めです。 フラッシュ脱毛よりも毛根を死滅させる力が強力なので少ない回数で永久脱毛をする事が可能です。

しかしデメリットは、威力が強いため脱毛時に痛みを感じる方が多くいらっしゃいます。 施術後に脱毛した箇所が赤くなったり、かさぶたができてしまったりする可能性もあります。

双方にメリット、デメリットがあります。それらをしっかり理解した上で納得のいく方を選ぶようにしてください。 VIO脱毛をしようと思ったキッカケは、女性によっても様々ですが、やはり水着は外せないでしょう。 最も多い理由は、水着を着用した時に、水着からムダ毛がはみ出てしまうのが困る、というものです。 毛量が多いと、水着や下着を着用しても、見た目にもすっきりしません。

VIO脱毛は、毛量を徐々に減らすことができるので、自然にすっきりとしてきます。

VIO脱毛をしようかな、と思い始めた女性の中には、デリケートゾーンの不快感などを感じたことも理由となるようです。 女性であれば生理は毎月のことですが、その時にムレるのは心地よいものとは言えません。 脱毛でムダ毛をなくしてしまうことで、毎月の不快感からも解放されたい、といったのぞみもあるのです。 生理中でも清潔を保てるのは、大きなメリットの一つになります。心に迷いがあるときは、エステサロンの価格表を目にしてみても良いでしょう。 最近のエステサロンでの脱毛は、思いのほかリーズナブルに始められる低料金です。



キャンペーンをしているサロンをチェックして、格安表を目にしたことで、はじめてみようとスタートする女性もいます。

毛深い体質で、アンダーヘアも毛量が多く、濃い毛質に悩み、それがコンプレックスという女性も、VIOラインの脱毛をスタートさせる人は多いです。 タイミングも関係して入れ、彼氏が出来たり、結婚することになったら、やはり脱毛してみようかな、というキッカケにもなるようです。 女性に取って何かと関心が高い脱毛ケア、自分で行う処理ではあまり綺麗に仕上がらず、お肌を傷付けてしまうこともあって、 悩みに感じている人も多いので、プロに行ってもらう脱毛ケアに興味を抱いている方は、とても多いといわれています。

その際に、エステサロンで行うか、美容系のクリニックで行うか、判断に迷ってしまうようですが、よりレベルの高い美肌を目指すのであれば、 もっとも脱毛効果が高いとされている医療脱毛がベストな選択です。

女性が憧れている究極の美肌ケアである永久脱毛は、エステの施術では不可能なもので、医療脱毛でしか叶えられない効果です。 エステサロンとクリニックで使用する脱毛機器には、歴然とした違いがあるので、毛母細胞を完全に破壊させる効力が出せるのは医療レーザ機器だけです。そしてこれは医師の免許を有するものにしか行えない医療行為というルールがあり、エステサロンでレーザー処理を行うことはできません。レーザー処理は時には強い痛みを伴うこともあり、我慢できないという方も多いですが、そういった場合も医療機関で行う脱毛ケアなので、医師に相談すれば麻酔などの処方も受けられるので、痛みを緩和させながら施術を受けることができます。医療脱毛は、このように永久的な高い効果が出せるというメリット以外にも、お手入れに通う回数が少ないので、忙しい方には予約を入れたり来院する負担も最小に抑えることができるので、無理なく脱毛ケアにチャレンジできます。暖かい季節になり肌が露出することによって、冬の間には放置していた部分でもむだ毛処理が不可欠となってきます。

そうなると、まめに除毛処理をするのがめんどうになってきて、気がついたら生えてきているのを人に見られてしまったり、適当に除毛したら剃り残しがあったというトラブルも発生してきます。

人の一生にかけるむだ毛処理時間はじつに長時間であり、これから先もむだ毛に悩まされるくらいなら生えてこなければいいのにと感じている女性も多いでしょう。

皮膚科脱毛なら、脱毛が完了してしまえばもうむだ毛の処理をすることがないのでとても楽になります。

美容皮膚科などのクリニックで行われている皮膚科脱毛は、医師のいる場所での使用が許可されているレーザーの光を使用した脱毛法です。 脱毛したい部分の肌にレーザーの光をあてるだけの簡単な施術であり、レーザーは波長が長いことから肌の表面を通過して奥にある毛根周辺に到達します。光の熱で毛根を焼くと一週間程度で自然と毛根から毛が抜け落ちていきますが、毛根の近くにある毛の生える機能にも作用させているために毛を作ることができなくなります。成長期の毛に作用する光であり、その時に休止期に入ってしまった毛には効果は出ないので、期間をおいて休止期だった毛が成長期に入ったころに再び施術を受けることを繰り返していくうちに永久脱毛をすることができます。

皮膚科脱毛は、医師のいない脱毛サロンでは行われていないので、クリニックを探してみましょう。

永久脱毛は脱毛した場所の発毛組織を破壊する事で得られる脱毛で、医療機関で行われている医療レーザー脱毛や絶縁針を利用した脱毛を行う事で永久脱毛が可能になるのです。因みに、エステや脱毛サロンなどでは、医療レーザー脱毛および絶縁針を利用した脱毛は医療行為を伴うため、施術を行う事が禁じられています。そのため、エステや脱毛サロンでは光を利用した脱毛が主流になっているのです。また、光は毛根細胞に達する事で熱エネルギーに変換されるので、組織を破壊する事が出来ます。しかし、医療レーザーなどとは異なり、出力が弱いため完全な永久脱毛にはならないのです。

この事からも、エステや脱毛サロンなどでは半永久と言った表現を利用して広告などに掲載しているのだと言います。

尚、永久脱毛を完了させる場合には、何度かの医療レーザーの照射が必要になります。これは1日で行うと言う事ではなく、毛が生えるサイクルに合わせて行うのが特徴で、毛の生えるサイクルの事を毛周期と言います。毛周期はムダ毛の種類により様々ですので、幾つかの箇所を同時に脱毛する全身脱毛を受ける事で月に1度か2か月に1度の割合で施術を受ける事で多くの部位の永久脱毛が出来ると言うメリットも在ります。尚、月に1度などの割合でクリニックや美容皮膚科に通う事になるので、永久性を得る脱毛を考える場合は、通い易い場所にある施設を選ぶ事が大切で、通い難い場所を選んでしまうと途中で面倒になってしまう事があるのです。



IPLの波長は500~1200nmと言われていますが、顔の施術の場合はフェイシャル用の波長を使うのが安全と言われており、IPLにはフェイシャル波長が別途用意してあります。

フェイシャルの場合は600~700nmが最適と言われています。

産毛などに対する効果は弱いものの、まったく効果がないわけではありません。


その証拠にIPLを使っているサロンの中には大手の脱毛サロンも多数ありますし、こうしたお店の人気メニューは全身脱毛やフェイシャルなどが含まれているので、効果を期待する事が出来るわけです。


大手のサロンの中にはS.S.C.方式を利用しているお店も多くあります。
S.S.C.の波長は550~1400nm、高周波はIPLよりも上になりますが、S.S.C.方式の場合は施術を行う前に塗布するジェルに含まれている成分が肌に浸透する、光とジェルの相乗効果が起きる、結果的に脱毛効果を高めるなどのメリットがあります。

尚、IPLやS.S.C.方式はクリニックで利用が行われているレーザー脱毛器と比較した場合、施術時の痛みが小さいとも言われています。

光を照射して熱エネルギーに変換された際に、痛みを感じるわけですが、こうした痛みが小さいのもサロンに人気が集まっている理由の一つと言えましょう。
IPLやS.S.C.方式、そしてクリニックで利用するレーザー脱毛器はいずれもメラニンに反応する光を使っています。
そのため、メラニンが薄いムダ毛は効果が弱くなりますが、最近の光脱毛器にはIPLと高周波を利用したフォトRF、波長が575~1080nm、パルス幅が6.5m秒のハイパースキン脱毛器なども登場しており、これらはメラニンに働きかけるのではなく、発毛因子に働きかけるなどからも、施術を行うタイミングは成長期だけでなく、休止期や退行期でも可能とも言われています。

自分の都合に合わせてサロンに出掛けて美容施術を受ける事が出来ますし、メラニンに作用するものではないので、うぶ毛などにも効果を期待する事が出来る、さらに日焼けした肌でも対応が取れるなどのメリットを持っています。

IPLやS.S.C.方式などの場合は日焼けした肌には光線の照射が出来ないので、日焼け対策が必須になりますが、ハイパースキン脱毛やフォトRFなどの場合は、いつでも施術を受ける事が出来るメリットがあります。
但し、日焼けは肌トラブルの元になりますし、特にシミなどの原因を作り出してしまいます。

せっかく、脱毛施術を行ってツルツルの肌になるのですから日焼けは注意が必要です。