永久脱毛とはどのようなことか

###Site Name###

永久脱毛するときに、言葉の意味を理解しておく必要があります。 これは定義としては、脱毛完了から1か月後の毛の再生率が20%以下である

こと、とされているため、 文字通りに永久的に毛が生えてこなくなるということではありません。短期的には再生しなくなりますが、 脱毛方法によっては数年後に毛が生えてくることもあります。しかし、一度処理しているため、以前よりは薄くなっています。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛による永久脱毛は歴史が浅く、前述のように再生する可能性のある脱毛方法ですが、 メリットもあります。

これらの方法は光の照射により、複数の毛を同時に処理できるため、施術時間が短くなります。 また、コストパフォーマンスも良く、全身脱毛など、広範囲の脱毛を行うときに適しています。 ただし、色素に反応する光を使用するため、色素の薄い毛には効果が弱くなります。 皮膚の色素にも反応するため、色素沈着が酷いと利用できない場合があります。

ニードル脱毛は確実性のある脱毛方法であり、数十年経過しても永久脱毛の効果が続くことが実証されています。 痛みが強く、毛を1本ずつ処理するため施術時間が長くなり、費用も高いなどデメリットもありますが、 フラッシュ脱毛やレーザー脱毛を利用できない色素沈着のある部位でも処理を行えます。



また、1本ずつ処理できるので、処理する範囲の調整もできます。注意点として、1回受けただけで再生しなくなってしまうので、 毛の再生を弱めたいだけの場合は適していません。脱毛施術を受ける人が多くなりました。

ムダ毛のお手入れはカミソリや毛抜きですると皮膚を傷めてしまい、綺麗な仕上がりになりませんし、 すぐにまた生えてくるのでプロの施術に任せた方が良いという考えが浸透しているのです。

現在は家庭用脱毛器も多く販売されていますが、やはり家庭用はパワーが弱いのですぐにムダ毛が生えてくるというケースがほとんどです。 美意識の高い女性が多く、最近では高校生でも大人顔負けのメイクやファッションをしています。 また、若く見えて年齢不詳の中高年女性も増えているのです。脱毛施術を受ける女性も年齢の幅が広がっています。



身体だけでなく顔やデリケートゾーンの脱毛も人気です。

全身ムダ毛のない美しい肌になることが出来ると自信を持っていろんなファッションや水着、下着も楽しめることが出来ます。 しかしVIO脱毛は恥ずかしさもあって脱毛施術に抵抗を感じる女性が多いのです。

しかしVIO脱毛こそプロの施術を受けるほうが良いのです。皮膚が薄くて敏感な部位なので、自分でムダ毛処理するには危険です。 そして凹凸のある部分なので誤って皮膚を傷つけてしまうこともあるのです。 個人差もありますが、ムダ毛が太く毛根も根深い部分でもあり、なかなか無くならないのです。



プロに任せてVIO脱毛をすると、肌を傷めることなくしっかりと毛根からムダ毛を無くすことができます。

何度も通うことなく出来るだけ早くムダ毛を無くすには、医療施設で行われている効果の高い医療レーザー脱毛が最適です。 女性は、脚、腕だけでなく脇にも、男性だけでなく女性からの視線を感じるものです。 そこで、自分で脱毛をする人もいますが、とにかくお手入れに時間がかかることに加えて、 お肌の状態を保つことも気にしなければならないため、本当に大変です。そこで、最近では医療脱毛を利用する人が急増しています。 医療脱毛とは、医療機関において、医師のカウンセリングや診断を受けて医療用レーザー機器を利用して脱毛することです。 つまり、エステにおける脱毛と比較すると、医師のカウンセリングや診断を受けるため、肌の状態だけでなく毛質等の状態を確認し、 その状態にあった医療用レーザー機器を選択して脱毛施術をするため安心感が高いことが大きな魅力です。

もちろん、施術後のカウンセリング等も充実しているため安全性が高いことも見逃せない魅力です。

また、医療脱毛によって全身を脱毛する場合でも、施術回数がエステ脱毛の約3分の1程度の回数でありつつ、脱毛効果が高いことも大きな特徴です。 つまり、1回の施術単価を比較するとエステ脱毛が割安ですが、 トータルで考えると医療脱毛が低コストで高い脱毛効果が得られることが大きなポイントです。

即ち、女性は脱毛にも美肌にも敏感ですが費用に関しても非常に敏感で、 多くの女性が安心感と安全性だけでなく費用面を冷静に比較して医療機関での脱毛を選んでいるのです。 もちろん、医療脱毛は医療機関で施術するので、医療機関から強引な勧誘等が無いことも嬉しい特徴です。 夏が近づくと脱毛の広告を良く見かけるようになりますが、脱毛の方法には皮膚科脱毛とサロン脱毛があります。 脱毛サロンやエステサロンで行われているサロン脱毛は光脱毛とも呼ばれており、 特殊な光を脱毛したい部分の肌に照射させるだけで脱毛を進めることができます。 ワックス脱毛のように引き抜く痛みもなく、またただ抜いただけではなく毛根周辺にある毛の生える組織にダメージも与えることができるため、繰り返すごとにだんだんと毛が作られにくくなっていきます。 そのために、むだ毛処理が楽になっていくというメリットがあります。

一方、皮膚科脱毛は美容皮膚科などのお医者さんのいる病院で行われている脱毛施術です。 医療機関でのみ取り扱いが許可されているレーザーの光を使用してサロン脱毛と同じような手法で進められますが、毛の生える組織を壊すことができるので高い脱毛効果を実感することができます。毛は成長期、退行期、休止期を繰り返して生えては抜けることを繰り返していますが、成長期にあたる時期のみに効果を発揮する脱毛法です。全身に生えている毛は同じタイミングで一斉に生え始めるわけではなく、施術を受けた時に成長期に入っている毛は体の一部にしかすぎません。

そのため、ほかの毛が成長期に入ったころにまた施術をうけるというのを繰り返すことによって永久脱毛をすることもできます。

脱毛を考えているのであれば、一回ごとに効果の高い皮膚科脱毛を選んでみてはいかがでしょうか。ワキや腕、脚など、ムダ毛が気になる部分は多くあり、カミソリなどで自己処理をしていると、たくさんの時間を毛の処理に使うことになってしまい、もったいないと思ったことはないでしょうか。しかも、自宅でのムダ毛処理は肌荒れや炎症などの肌トラブルを引き起こす危険性があるのも心配な点となります。そこで、カミソリや除毛クリームでのムダ毛処理に疲れた人は、エステサロンや美容クリニックを利用して永久脱毛を受ける良いタイミングと言えます。永久脱毛という言葉には色々と誤解がされており、これを受けると一生絶対にムダ毛が生えてこないと思っている人もいるかと思われますが、実はそうではありません。

また、永久脱毛は医療機関での医療レーザー脱毛でしか出来ないという説もありますが、これも少し違います。それは、ちまたで言われている「永久脱毛」という言葉は1958年にアメリカの電気脱毛協会が定めた「脱毛の施術が完了してから1カ月後の時点で、毛の再生率が20%以下の場合」をこう呼ぶという定義に基づいて使われているからです。この定義に従うと、医療レーザー脱毛はもちろん、エステサロンの光脱毛でもこの条件がクリア出来る状態にすることが可能だと言われています。

他にも、脱毛機による脱毛の歴史はまだ浅いので、脱毛完了してから何十年も毛が再生しないのかどうかについてはまだ調査結果が無くわかっていないということもあります。そのため、一生絶対にムダ毛が生えないという効果を期待して「永久脱毛」を受けると後でがっかりするかもしれません。

しかし、だからと言ってクリニックやサロンでの脱毛を受けることに意味が無いというわけではもちろん無く、これらの施設での脱毛を受ければ、毎日の身だしなみが格段に楽になることは間違いないでしょう。プロの手による脱毛を利用するのは、自己処理よりも美肌になれることや時間に余裕が出来るなどのメリットがあるのが魅力です。