医療レーザー脱毛とサロンの光脱毛の違いについて

###Site Name###

脱毛するならクリニックの医療レーザー脱毛とサロンの光脱毛のどちらがよいのか、というのは多くの人が迷うところでしょう。

いずれも一長一短があるので、自分の好みなどと合わせてよく比較検討することが大切です。



原理的には実はどちらも同じ仕組みとなっています。

黒い色に特によく反応する光をムダ毛処理したい部位に照射し、その光が毛に含まれる黒いメラニン色素に反応して毛根に熱を集め、その熱で毛根と毛乳頭を破壊する、というものです。ただし、毛乳頭を破壊する行為というのは医師法によって医療行為と定められています。
そのため、専門知識を持った医師のいるクリニックでしか行うことができません。

サロンで行っている光脱毛は、レーザーとは違うIPLという光を利用したもので、レーザーよりもパワーが弱いため、毛根と毛乳頭にある程度ダメージを与えることはできますが、完全に破壊してしまうことはできません。
そのため、施術の回数が多くかかりますし、いったん処理が終わった後もまた新たに毛が生えてきてしまうことがあります。

したがって、効果の点では圧倒的に医療レーザー脱毛の方が上、ということになります。
ただしその分痛みが強く、費用も高価です。
サロンの方は比較的痛みは弱く、価格も医療レーザー脱毛に比べると安価です。

しかし回数がかかるためトータルではあまり変わらない、ということもあります。最近ではレーザーも痛みの少ない新機種が登場していますし、逆にサロンの方では美肌ケアをつけているところもあるので、好みによって選ぶとよいでしょう。

医療系クリニックでの医療レーザー脱毛は、幅広い年齢層の似た土地に、今や大人気の脱毛方法となりました。

情報が昔よりも伝わるようになったことで、美容系クリニックへの敷居も、随分と下がってきています。
医療レーザー脱毛の人気の秘訣として、エステ脱毛にはない、永久脱毛という理由があります。しかし、永久というのは、永遠のことなのかどうかも気になります。人間の寿命は80年くらいと仮定しても、本当に脱毛を終了したら1本もムダ毛は生えないものなのか、少し首をかしげてしまうかもしれません。

医療レーザ-脱毛は、医療機関の専用機器で行う、パワーも強い脱毛方法です。
効果も高いと絶賛されているムダ毛を無くす方法です。

永久と言っていますが、そこには定義があり、一生涯において、ただの1本もムダ毛が、今後生えてこないという意味ではありません。

それは最終のレーザー脱毛より2年後の状態を示しています。


その時のムダ毛の再生率に焦点が当てられていて、再生が20%より抑えられる脱毛方法になります。

これが米国の電気脱毛協会による、日本でも通っている定義になります。
つまり減毛状態を長い期間キープできる方法であるといえるものです。


医療レーザー脱毛は、人生ずっとムダ毛が生えない、という意味ではないものの、脱毛効果は優れたものですし、多くの人がそれを既に体験しています。
ムダ毛を自分で処理する期間も、ずっと伸びることにもなります。
ツルツルのお肌をキープしやすい、ナイスな脱毛方法であることは確かです。

脱毛効果が高いと言われている医療レーザー脱毛で、全身脱毛をするとしたら、直ぐに完了を迎えるようなイメージもあるかもしれません。

効果が高いのは事実ですが、医療レーザー脱毛であっても、回数を重ねていくことは必要です。
毛周期に合わせて通うと、2ヶ月から3ヶ月ごとにクリニックに通い、レーザー脱毛の施術を受けることになります。

だいたい5回位照射したところで、効果としては半永久レベルになると、一般的には言われています。


とはいえ、クリニックによって導入しているマシンも異なりますし、どの医療機関でケアをするかでも違いはあります。


それでも、エステ脱毛よりも、医療レーザー脱毛の方が、はるかに照射出力は高いものとなります。
エステサロンで1回施術を受ける効果よりも、クリニックなどで医療レーザーでのお手入れをしたほうが、ずっと効果も期間も短くなります。

一般的には、エステ脱毛よりも、医療レーザーで脱毛をしたほうが、期間としても早く完了を迎えることになります。

どのくらいの期間を通うかは、その人の毛質や毛量などにもよります。



全身脱毛を優秀な医療レーザーであっても、1回で完了しないのには、毛の生え変わるサイクルが関係しています。

毛乳頭は、毛母細胞へ栄養を与えるものです。その毛乳頭を破壊することで、ムダ毛を生えさせなくします。施術時に、すべてが成長期にはあたらないため、医療レーザーであっても、何回かは施術が必要となってくるのです。

クリニックなどで施術を受けられる医療レーザー脱毛は、大人の女性にも大人気の脱毛方法です。
年齢層は幅が広いですから、いつかはママになりたい女性も、医療レーザー脱毛のカウンセリングを受けています。

そこで気になってくるのは、将来的に妊娠をしたとき、医療レーザー脱毛の効果はどうなるのかです。
一般的に妊娠をすると、ムダ毛の量が増えるといった、先輩ママたちの声を聞くことがあります。そのため、まだ妊娠前の女性が医療レーザー脱毛をしても、妊娠したら体のムダ毛が濃くなり、せっかくの脱毛効果はどうなるのかを疑問に思うケースもあるのです。



結論から言うと、赤ちゃんができる前に医療レーザーでムダ毛のお手入れをしたからといって、妊娠したら効果がかき消されるという心配はありません。

赤ちゃんができる前に脱毛しても、まったくもって無駄にはなりません。

確かに赤ちゃんがお腹に宿ることで、ホルモンのバランスは変化をします。
体内で女性ホルモンの分泌が、今までよりもグンと量が増えるためです。

妊娠して体毛が濃くなるというのは、ホルモン分泌量が増加して、メラニンの沈着がしやすい状態になるため、ムダ毛も濃くなると考えられています。

赤ちゃんができると体のムダ毛が増えるというのは、もう少し掘り下げてみると、1本ごととの毛が、しっかりと濃くなるという意味です。

増加しているわけではないのです。

無事に出産を終えれば、だんだん解消していく自然な現象です。

暖かい季節になると、ワキや脚、腕などのムダ毛が気になりますよね。

カミソリや毛抜き、除毛クリームなどを使い自分でムダ毛の処理をしている人が多いのですが、長年自己処理を続けていると、肌が荒れてデコボコになっていたり、色素沈着をおこし黒ずみができてしまているケースもあります。そうなるとムダ毛が処理できていても、肌をだすのが躊躇われます。


本気で脱毛を考えるのなら、病院やエステで行う脱毛の主流になっているレーザー脱毛がおすすめです。

レーザー脱毛は一度に広範囲の施術できるので、医療用の針を使ったニードル脱毛と比べても明らかに早く脱毛が完了します。

心配の痛みも輪ゴムでパチンと弾かれた程度ですので十分我慢ができる範囲です。

また、レーザーには美白や毛穴の引き締め効果もあるので、脱毛と同時に黒ずみが解消されて綺麗な肌が手に入りますよ。
レーザー脱毛は安全性の高い脱毛法だと言われていますが、全く副作用がないわけではなく、ごく稀に軽いやけどや赤みが起こるケースも報告されています。

仮に脱毛後、肌トラブルが起こった場合でも、医療機関で施術を受けているとすぐに治療が受けられ、抗炎症効果のある内服薬や外用薬が処方されるのでとても安心ですよ。