レーザー脱毛でIラインをお手入れする注意点とは

###Site Name###

日本の女性には常識とまでは浸透していないのが、Iラインのレーザー脱毛かもしれません。
Vラインは、水着や下着を着こなすためにも、お手入れしようとする女性は増えてきましたが、Iラインのレーザー脱毛となると、抵抗がないとは言えないのが現状です。

実は海外においては、Iラインの脱毛は、恥ずかしいということもなく、常識のように多くの女性がお手入れを終了しています。海外においては、日本よりも露出の高いデザインの、下着や水着を着用して、ファッションとして楽しむためにも、Iラインの脱毛は多くの女性が体験済です。


ファッション感覚で楽しむというのも理由ですが、Iライン脱毛が常識となっているのは、衛生面を重要視しているからとも言われています。

経血や尿、おりものなど、アンダーヘアに付着することで、かゆみが出たり、イヤな臭いの原因にもなるため、トラブルを無くす要因としても、Iラインを脱毛してしまうのです。医療レーザー脱毛で、Iライン脱毛をするのは抵抗ある、という日本人女性は多いです。
しかし日本人は黒い毛室を持つ人種であり、体毛も量は多めです。においやかゆみも防止してくれますし、蒸れの帽子にもなるものなので、日本人女性にも向いているお手入れでもあります。

デリケートな部位ですから、カミソリ処理を継続するのではなく、やはり脱毛が良い手段です。お手入れをするのであれば、医療機関で行う医療レーザー脱毛が長い目で見ても安心感があります。
専門家による脱毛の方法にはいくつか種類がありますが、最近エステや脱毛サロン、病院などで主流になっているのがレーザーを用いたレーザー脱毛です。

エステや脱毛サロンでは光脱毛やフラッシュ脱毛を呼ばれ、医療機関で医療用のレーザーを使い行うのが医療レーザー脱毛と言われています。



レーザーを使用する脱毛は、高い脱毛効果のみならず美白や肌の引き締め効果があるので、何度か通ううちに脱毛しながら綺麗なスベスベの肌が実感できますよ。カミソリや毛抜きを使ってムダ毛の自己処理を続けている人の中には、肌にダメージを与えてしまい色素沈着を起こし黒ずんでしまったり、毛穴が開いたまま閉じなくなっているケースがあるので、レーザーの脱毛以外の効果はたいへんうれしいですね。

レーザー脱毛は一度に広範囲の施術ができるので、想像していた以上に早く脱毛が完了するといった声も多く、時短ができる分、医療用の針を使用したニードル脱毛と比べてもかなり安い料金で脱毛ができると好評です。
特に病院で行う医療レーザー脱毛は、医療機関ならではの出力の高いレーザーが使えるのでサロンやエステと比べて脱毛効果が高く、万が一火傷や赤みの後遺症が起こった場合でも、医師による診察が受けられ内服薬や外用薬が処方されるので、たいへん安心ですよ。

痛みもパチンと輪ゴムで弾かれた程度で、十分我慢ができる範囲だと言われていますので、本気で脱毛を考えるのならレーザー脱毛を検討してみませんか。
毛深いムダ毛に悩んではいませんか。

ムダ毛を気して自己処理をしたり、肌を隠したり、そのような方にはレーザー脱毛がおすすめです。
レーザー脱毛をすれば、深刻なムダ毛の悩みもすぐに解決します。
レーザー脱毛は、ムダ毛の黒いメラニン色素に反応して、ムダ毛の根元にあるムダ毛を成長させる毛母細胞を破壊します。レーザーが肌に反応することはなく、ムダ毛だけにダメージを与えます。成長期にレーザーを照射されたムダ毛は、もう二度とムダ毛を成長させることはありません。

レーザー照射後1週間ほどで、自然とムダ毛は抜け始めます。



そして、照射後1カ月くらいまでは全くムダ毛は再生することはないのです。


毎日のように自己処理をしていた人も、自己処理の煩わしさから解放されます。


その後、成長期以外のムダ毛は再生し、再びムダ毛を成長させますが、ムダ毛の数はかなり少なくなります。

レーザー照射を繰り返すたびにムダ毛がどんどん減っていくので、脱毛に通うことも苦にならないでしょう。


レーザー脱毛なら、ムダ毛が濃い人も心配する必要はありません。

毛深い人ほど、レーザーの反応は良く、脱毛効果も明らかになります。

ムダ毛に悩んで自己処理を続けていては肌も荒れ、色素沈着などの肌トラブルも起こりかねません。

そんな危険な自己処理はやめて、レーザー脱毛を始めてみてはいかがでしょう。


今ままで悩みが嘘のように解消されます。

ムダ毛で悩んでいる人は、一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょう。

女性は、体毛が濃く目立っていると、きちんとボディのお手入れができていない、だらしがない印象を与えてしまったり、不衛生なイメージさえ抱かれてしまうものなので、ムダ毛を定期的にきちんと処理をしておくことは、とても大切なケアの一つです。


しかしカミソリや毛抜きを使っての自己処理は、手軽にできるとはいえ、その仕上がりはとても近くでは見られない状態で、頻繁に繰り返していると、黒ずみや毛穴がブツブツと盛り上がってしまったりしてくることもあり、更に汚い状態へと進んでしまいます。
脱毛ケアは、お肌に優しい方法を取らなければならないものなので、出来ればプロの施術を受けることが望ましいです。さて、プロのお手入れとなると、エステサロンを思い浮かべる方が多いようですが、本当に美しい素肌を手に入れたいのであれば、美容クリニックでの医療レーザー脱毛がベストな選択です。
プロのお手入れであれば、処理が完了すれば、もう二度とムダ毛が生えてくることもないと捉えている人がほとんどですが、それはレーザー脱毛を受けた場合のみの効果です。
今主流となっているエステサロンでの光脱毛では、あくまでもムダ毛が目立たなくなる程度の仕上がりしか出せないので、定期的なお手入れは続きます。



一方レーザー脱毛であれば、毛母細胞を破壊させる効果があるので、体毛が生える心配はありません。
俗にいう永久脱毛が可能となります。

しかしかなり高度な施術となり医療行為とみなされているので、医療機関で医師にしか行えません。

医療レーザー脱毛で使用する機器には、大きく分けてダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ロングパルスヤグレーザーの3種があります。

ダイオードレーザーは現在最もシェアの高い機種で、比較的痛みが少なく産毛もある程度処理できるのが特徴です。

照射口が広く四角いので、一度に広範囲を処理でき打ち漏れも少なく、短時間で効率よく施術することができます。
最新機種のライトシェアデュエットは、肌を吸引して引き延ばしながら効率よくレーザーを照射することでほぼ無痛に近い施術を実現しており、医療レーザー脱毛は痛いという従来のイメージを覆すものとなっています。

2番目にシェアが高いアレキサンドライトレーザーは、日本では1997年から使用されているものです。


ダイオードレーザーに比べて痛みが強いといわれていますが、その痛みを軽減するためヘッドに冷却装置を搭載しており、冷却しながら照射するのが特徴です。
ジェルを塗布する必要がないため、ジェルにアレルギーのある人でも安心です。

ロングパルスヤグレーザーは1064nmと最も長い波長を持ち、肌の奥深くにまで届くので、毛根の深い男性のヒゲや剛毛の処理に適しています。

また、メラニンへの反応が弱いので、色黒の人や日焼けした人、色素沈着のある部分でも施術できるというメリットがありますが、反面脱毛効果の持続性が弱いという難点もあります。

このように、レーザー機器にはそれぞれ特徴があるため、医療レーザー脱毛を行うクリニックでは複数の機種をそろえて使い分けることが多くなっています。