脱毛にはどのような方法があるのか?注意点は?

###Site Name###

自己処理で脱毛する場合、主な方法としては6種類挙げられます。どの方法も、道具さえ用意すれば比較的簡単に行うことができます。


電気シェーバーは、自己処理で行う脱毛の方法の中では最も皮膚に与えるダメージは少ないものとなっています。ただし、肌にわずかに剃り残しが残ることがあります。

カミソリの場合、正しく行えば電気シェーバー同様、比較的安全に行うことができます。


しかしシェーバークリームをしっかりと使わなかったり、毛の流れに逆らって行ってしまうと、皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。

ワックス・クリーム・テープは、脱毛専用のものを皮膚につけ、一定時間置いた後でムダ毛をはがす方法となります。この場合、皮膚の一部も一緒にはがれてしまうため、皮膚が傷ついてしまう恐れがあります。

そして毛抜きを使ってムダ毛を1本ずつつまんで脱毛する方法が、一番手軽に始められる方法となります。しかし、毛抜きによる脱毛は最も肌トラブルを生み出しやすいものとなっています。


自己処理は道具さえ用意すれば簡単に行うことができます。


しかし、簡単にできる一方で、やり方を間違えてしまうと「毛嚢炎」や「埋没毛」など、様々な肌トラブルの原因となってしまいます。


自己処理で脱毛を行った場合、気をつけなければならないのが「埋没毛」と「毛嚢炎」です。
「埋没毛」は、毛が皮膚の下に潜り込んでいる状態を指します。

主な原因としては、無理に抜いたり剃ったりした際に毛穴が塞がってしまった場合と、毛が伸びるサイクルに比べ、皮膚の再生サイクルが早い場合とがあります。

また、毛を抜こうとして途中で切れてしまった場合も、「埋没毛」となりやすいです。
「埋没毛」は、毛が完全に伸び切ると、自然に毛が皮膚の外に出るようになり、解消されます。
しかし、まだ毛が皮膚の下に隠れている状態で無理やり抜こうとしてしまうと、皮膚が傷つきます。

そして皮膚が傷つくと、そこから細菌が侵入し、「毛嚢炎」につながる恐れがあります。
「毛嚢炎」とは、傷ついた皮膚から細菌が侵入、炎症を起こした状態となります。

原因としては脱毛の際に皮膚を傷つけてしまった場合、また使用している道具が不衛生の場合が考えられます。

毛嚢炎になると、毛根の周囲が赤く腫れ、化膿してしまいます。



すると痛みが生じるようになり、毛穴の部分に膿も溜まってしまいます。

この時、膿を無理やり出そうとすると、さらに悪化させる恐れがあります。もし毛嚢炎の症状が見られる場合には、医師に相談するなどして適切に対処するようにします。

厳密には脱毛ではないものの、脱毛の一種として考えられるものに「脱色」があります。
これは、毛に専用の薬品を塗ることで、毛の色を抜いて目立たなくさせる方法となります。
脱色を行う最大のメリットは、毛を抜いたり剃ったりすることで生じる皮膚のトラブルが減少するという事です。

脱色の場合、毛を抜いているわけではないため、皮膚を傷つける可能性が低いです。

そのため、「毛嚢炎」や「埋没毛」になる心配もありません。

ただし、肌が弱い方に関しては、脱色剤に皮膚が反応、炎症などを引き起こす恐れがあるため、肌が弱い方は注意する必要があります。反対に、脱色剤を使うデメリットとしては、脱毛をしているわけではないため、肌触りは毛がある状態と同様になります。

そのため、人によっては触った感じがあまり良くないと感じられる方もいると思います。


また、光のあたり具合によっては金色に見え、余計に目立ってしまうので注意が必要となります。そして大切なのが、脱色は顔には行ってはいけないということです。

例えば口や鼻の粘膜に脱色剤が触れると、体内に吸収されやすくなってしまいます。

また、目に入ってしまうと炎症を引き起こしたり、失明につながる恐れもあります。

脱色を行う際は、注意事項をしっかりと読み、顔にだけは使わないようにします。

脱毛を自己処理で行おうとすると、様々な肌トラブルを引き起こす恐れがあります。
そこでおすすめなのが、専門家に任せることです。まずサロンで受けることができる方法としては、次の3種類が挙げられます。

ニードル脱毛(電気脱毛)は、細い針を毛穴に挿入し、電気を流すことで毛根を壊す方法となります。

この方法の場合、確実に毛根を壊し、永久脱毛の効果を得ることができます。

一方、毛穴の1本1本に針を入れなければならないため、施術に時間がかかります。ワックス脱毛は、脱毛専用のワックスを塗り、乾いたらはがす方法となります。
光に反応しにくい産毛にも対応しており、余分な皮膚をはがすことができるため、キレイな肌を手に入れることが期待できます。


一方で肌へのダメージも大きいため、施術前後に十分なケアが必要となります。
また、毛を抜く際に痛みが生じます。


シェービングは、理容店で使用するカミソリを使って毛を剃る方法となります。
余分な皮膚も一緒に削り取ることができ、産毛にも対応しています。

また、比較的金額も安くおさえられます。

ただし、理容店で使うカミソリには専用の資格が必要となります。

そのため、サロンによっては電気シェーバーで対応するところもあります。
主に専門家で受けることができる脱毛で、有名なものとしては「光脱毛」と「レーザー脱毛」があります。

これはどちらも毛に含まれるメラニン色素に熱を加えることで、毛根にダメージを与え、毛を生えにくくする方法となります。



ただし、この2つの方法にはいくつか違いがあります。まず照射する光の違いです。
「光脱毛」の場合、複数の波長を含んだ光を広範囲に当てます。
一方、「レーザー脱毛」の場合、単一の波長を含んだ光を一部分に集中して当てます。

一部分に集中して光を当てる「レーザー脱毛」の方が、毛根に与えるダメージも大きいため、永久脱毛も期待できます。ただし、肌に与えるダメージも「レーザー脱毛」の方が大きいため、「光脱毛」の方が痛みは感じにくくなっています。
これは毛がある程度出てからでないと、熱を加えることができないためです。

そして施術が終わるまでの期間は、「光脱毛」の方が長い傾向にあります。


次に施術を行える機関の違いです。「光脱毛」の場合は、サロンで行うこともできますし、現在では自宅用の光照射器も販売されています。一方、「レーザー脱毛」の場合、使用するものは医療用レーザーになります。


そのため、原則として医療機関でしか受けることができません。

また、医療機関で行うよりも、サロンで行った方が費用が安く済む場合があります。


自己処理で脱毛を行う際、比較的安全な方法として挙げられるのが「電気シェーバー」と「カミソリ」です。
サロンで脱毛処理を受ける際も、事前にある程度ムダ毛を処理する必要があります。
その際、「電気シェーバー」と「カミソリ」以外の方法でムダ毛処理を行った場合は、施術を受けられない恐れがあります。



そこで大切なのが、「電気シェーバー」と「カミソリ」の正しい使い方を知ることです。

「カミソリ」で行う場合、まずしっかりとシェービングクリームを塗ります。

これはクリームを塗ることで刃と皮膚の摩擦を減らすことで、毛を剃りやすくする効果があります。

また、刃と皮膚が直接触れる部分が少なくなることにより、皮膚へのダメージも軽減されます。

この時、ボディーソープでは皮膚を守る機能が十分ではないため、必ずシェービングクリームを使うようにします。
次に毛を剃りますが、「カミソリ」の場合は毛の流れに沿って剃るようにします。

一方、「電気シェーバー」の場合は、毛の流れに逆らって剃るようにします。
そして剃り終わった後は、皮膚はダメージを受け、乾燥した状態となっています。

クリームを塗るなどして、剃った部分の保湿を行うようにします。


なお、「カミソリ」の場合も「電気シェーバー」の場合も、必ず清潔な状態で使うようにします。

刃はこまめに取り替え、常にきれいな状態で使うことで、細菌への感染予防につながります。