レーザー脱毛とニードル脱毛の違いと楽さ

###Site Name###

近年、医療機関で行うレーザー脱毛は、一般の人にも浸透してきました。

ひとむかし前で言えば、脱毛といえば、エステサロンで行うニードル脱毛がメインでした。


しかし従来のニードル脱毛というのは、とても激しい痛みを伴う脱毛方法でした。かなりの我慢が必要でしたし、エステサロンですから、医療サポートで麻酔を使うといったこともできません。
しかし現代では、クリニックで脱毛をする割合はとても増えています。

そして、医療レーザー脱毛は、ニードル脱毛よりも、大幅に痛みが和らいでいます。

人それぞれに感じ方にも差があるため、個人差があるものの、例えて言えば輪ゴムで軽く弾いたような、とても弱い痛みを感じる程度です。医療クリニックでの脱毛は痛い、というイメージを持っているかもしれませんが、ニードルに比べれば、痛みはそこまで強くはありません。痛みが怖いと思っている人にも、そこまで衝撃的ではないので、あまり警戒しなくてもよいでしょう。



ニードルは、1本1本を針を使用した微電流を流すタイプですから、痛みはかなり強いです。


でも、最近の医療レーザーは、痛みをあまり感じないマシンが多くなってきています。
痛みが心配ならば、希望することで、クリームタイプの麻酔を、脱毛前に塗布する方法があります。

この場合、別途費用がかかりますから、事前にいくらかかるのか聞いておきましょう。

ニードルの場合は、ムダ毛を伸ばす必要がありましたが、医療レーザー脱毛であれば、処理しての施術になるので、ムダ毛処理ができないといったストレスもありません。

水着を着ると、不特定多数の人に背中をはっきりと見られてしまうことになりますが、そこに産毛がびっしりと生えていると、くすんだ肌の色に見えるので注意するようにしてください。

両わきや両腕、両脚などとは違い、背中を自分の目で確認するのは難しいので、たくさんの産毛を生やしたままにしている人は意外と多くいます。


いくら細い産毛でも、あまりにも量が多いと、綺麗な背中には思われないので、美容クリニックでレーザー脱毛の施術を受けて、ツルツルの状態にすることをおすすめします。

医師や看護師などの医療関係者しか扱えない、医療レーザーを使って、ムダ毛を取り除く施術のことをレーザー脱毛といいますが、皮膚の奥深くまで照射が届くので、毛根へのダメージは相当なものがあり、施術後は毛が生えてこなくなります。

いつまでもすべすべの背中が続くので、どんな水着でも着られるようになりますし、温泉に行ったときにも恥ずかしい思いをしなくて済むので、試してみるようにしましょう。

背中は範囲が広いので、施術に時間がかかりそうと思っている方もありますが、一回の施術時間は短いので、すぐに帰ることが出来ます。

麻酔をすれば、痛みもほとんど感じないので、学校や会社の帰りに気軽に通うとよいですが、少しでも安くレーザー脱毛を行いたい場合は、美容クリニックのキャンペーンを待つようにしてください。


その期間は低料金で施術が受けられるので、開催されたらすぐに申し込むようにしましょう。夏は薄着になれるシーズンです。

当然、薄着になると、気にしなくてはいけないのは、無駄毛だと思います。

電車のつり革を持っているその夏服から、わき毛の剃り残しなどがあると、もう幻滅ですね。

女性はどんな時も油断できず、みんなに見られています。



剃刀や毛抜きやシェーバーによる自己処理の脱毛は一時的な脱毛であり、面倒で時間がかかる割に効果が薄いです。

まず、毛根に直接働きかける脱毛ではないので、その効果もその場しのぎであるし、仕上がりもチクチクしてきれいと言えません。

レーザー脱毛は毛根に照射することで永久的な脱毛を期待できる画期的なシステムです。

毛の周期に従って、定期的にレーザー脱毛をすることで、そこの毛は一生ムダ毛しらずになるのです。

毛の周期が2か月だとすると、遅くても2年くらいで、1つの部位の脱毛は完了します。

だいたい、何か所かまとめて脱毛される方が多いですが、時間的にもそのほうがいいですね。


まずは、初心者の方なら、わきをオススメします。
太くて濃い毛に強く反応するのが、レーザー脱毛の利点なので、そこで体感してほしいです。

痛さも個人差はありますが、輪ゴムで弾いたような痛みで、冷やすと赤みもなくなります。


美を手に入れるのにたやすい道はありません。

多少の痛さは伴いますが、その効果が永久だとすると、こんないいことはないでしょう。


毎回毎回、自分でお手入れするのは時間がかかりすぎて、また美しくないのでデメリットしかありません。
ムダ毛処理に悩んでいる方は、男性女性問わず少なくありません。

その期待に応えるために現在様々な脱毛方法がありますが、その中で最も効果が期待できるのがレーザー脱毛です。


ムダ毛の黒い色素に吸収されやすい性質を持ったレーザーを照射することにより、ムダ毛を再生させる組織に強力なダメージを与えていくことが出来ます。
エステで一般的に行われている光脱毛と仕組みは似ているものの、パワーはレーザー脱毛の方が強いためムダ毛をより効率的に脱毛していくことができます。

レーザー脱毛によってお肌がダメージを受ける心配はほとんどないので、安全に施術を受けることが可能です。私たちの体毛は、常に生えているように見えますが、実際は生えては抜けてを繰り返しています。このサイクルを毛周期と言い、成長期、退行期、休止期の3つに分けられます。

レーザー脱毛では、毛が生えていく成長期の間に照射しないと、毛根部の再生組織にレーザーの光熱によるダメージを与えることができません。


毛周期を正確に判断することは難しいため、通常1、2ヶ月程度間隔を置きながら照射していくことになります。
レーザー脱毛は医療機関のみで行うことを許可されています。
医師や看護師が照射を行うため、施術中気分が悪くなったり、万が一お肌にトラブルが発生した場合でもすぐに医療処置を受けることができるので安心です。

施術が完了した部位はムダ毛が生えることは基本的にほとんど無くなるため、毛穴の目立たない自己処理不要な美肌を手に入れることができるため、とてもコストパフォーマンスの高い脱毛方法といえるでしょう。

夏本番までもう少しです。

そこで、気になるのが、ムダ毛だと思います。



女性はノースリーブなどのかわいい服を着たいと誰しもが思うものですが、二の腕に自信がない人はオシャレを楽しむことができません。

レーザー脱毛は、毛の周期に合わせて、だいたい2か月か3か月に1度、毛根を照射することによる脱毛です。
部位にもよりますが、毛が濃くて太いものに、レーザー脱毛の機会は強く反応するので、腋毛は一番効果を感じるのが早い部位です。5回くらいの照射でおよそ半分の脱毛は完了すると言えます。

夏、思い切り、オシャレを楽しみたいなら、腋や腕の脱毛は欠かせません。

レーザー脱毛の利点は、カミソリやシェーバーや毛抜きによる自己処理に比べて、その効果が永久的であることです。

そして、毛根を照射するので、一度照射したところからは生えてきません。

チクチクする短い毛は自己処理ではつきものですが、レーザー脱毛は肌もツルツルになります。

まさに触ってほしい肌になります。痛さは個人差があるので、まずは一度、どれくらいの痛さか、耐えられるものなのか、医師を相談するのもいいので、一度、クリニックで何か所か照射してもらって、赤みがそんなにひどくなければ、大丈夫だと思います。美は一日にしてならずです。

定期的に通う必要はありますが、永久的な脱毛なので、一度キレイになれば、ずっと自己処理しなくて済みます。

試してみてよかったと万人が思うことでしょう。