レーザー脱毛について

###Site Name###

 自分で脱毛をするとなると、なかなか大変なものがあります。
それはデリケートゾーンもそうですし、自分の手の届かない所や、目の届かない所等は、自分一人でやろうとしてもかなりの困難さを伴うものでもあります。
また、そうした所は脱毛を行っても、難しい箇所であるがゆえに不十分な脱毛となる場合があります。
こうしたことから、自分で処理するのが難しい所はレーザー脱毛を受けてみても良いかもしれません。


レーザー脱毛のメリットは何と言っても、自分で脱毛するよりもきれいに仕上がるという点にあるでしょう。


特に、背中等は個人では脱毛するのが難しいため、レーザー脱毛を利用する意義は大いにあるでしょう。



また、レーザー脱毛のイメージとしては、皮膚を傷つけやすく、痛みを伴うものだと思いますが、近年のレーザーによる脱毛技術は非常に進歩しており、無痛のための麻酔クリームを使用する等の配慮もなされるようになっています。

そのため、痛み等の心配はほとんどいらないと言えるでしょう。勿論、レーザーは専門機関で行うものであるので、施術後も肌トラブルがないように経過を見てもらうこともできます。

その際には、より肌がきれいになるような相談やアドバイスを受けることも可能です。

また、デリケートゾーンの脱毛を行う際には、見られることが恥ずかしいという人も多いことから、顔が見えないようにしたり、施術になるべく時間をかけない等、羞恥心を軽減するような配慮もなされます。


こうしたことから、レーザー脱毛の利用には様々なメリットがあり、多いに利用する価値があると言えます。

医療機関で行われているレーザー脱毛は、現在最も短期間で確実に脱毛していくことができる施術といえるでしょう。
ムダ毛のメラニン色素に吸収される性質を持つレーザーを照射することにより、お肌へのダメージを避けながら、ムダ毛の再生組織に的を絞って確実なダメージを与えていくことができます。毛乳頭等の再生組織は毛根部に集中しているため、レーザーによるダメージを確実に毛根部まで与えるためには毛周期と呼ばれる毛の生え変わるサイクルに合わせる必要があります。

毛周期は毛の生える成長期、生えた毛が弱っていく退行期、弱った毛が抜けて生えない状態の休止期で構成されています。


レーザー脱毛ではこの内の成長期の段階に照射することで、毛根部までレーザーの光熱をしっかりと伝えることができ、再生組織に大きなダメージを与えていくことができます。

エステで一般的に行われている光脱毛も、再生組織にダメージを与えていく点ではレーザー脱毛と似ていますが、出力が弱いため脱毛効果を実感するためには時間がかかってしまうことが少なくありません。


できるだけ急いでムダ毛の生えないツルスベ肌になりたい方は、医療機関で行われるレーザー脱毛施術を受けるのが最も効率的です。

レーザー脱毛を行えるのはクリニック等の医療機関のみで、医師や看護師等の医学的知識に長けた国家資格を持つスタッフが脱毛施術を行います。
施術中に何かトラブルが起きた場合でもすぐに医療的なケアをしてもらうことができるので、より安全に脱毛していくことができるのも利点といえるでしょう。

女性が行わなければならないムダ毛の処理、自己処理には何かと問題もつきものなので、プロの手による脱毛ケアを受けたいと考える女性も多いですが、プロの脱毛ケアというと、大きく分けて二通りあります。

まず、エステサロンで行う美容脱毛で、これはエステティシャンが行うため、あまり高い出力の出る脱毛器は使用できず、ムダ毛が目立たなくなる程度の仕上がりです。

回数を重ねていけば、体毛が薄い人というレベルにまでは到達できます。

そしてもう一つは美容外科クリニックや美容皮膚科といった医療機関で行う医療レーザー脱毛で、これは医療機器を使用できるためかなり高い出力が出せ、俗にいう永久脱毛が可能です。


しかし当然ながら医療行為であるため、医師が行う施術です。


以前はエステサロンでもレーザー脱毛をしていた時代がありましたが、現在ではこれは違法で、医師免許を有していないものがレーザー脱毛を行うと、取り締まりの対象となります。

医療レーザー脱毛は、一度照射をすれば、毛母細胞を完全に破壊させることが出来るので、もう二度とムダ毛が生えてくることはないため、エステに比べると格段に少ない回数で処理が完了します。

どんなに剛毛の方でも、毛深い方でも、完璧な処理が可能で、仕上がりの満足度は非常に高いです。しかし、エステ脱毛とは違い強い痛みを伴い、施術料金は若干高めです。
とは言うものの、痛みに関しては医療機関ゆえ薬で緩和できるし、料金も一回の効果が高いので、エステのように追加料金が発生することもないので、総額は同じくらいだといわれています。

レーザー脱毛は、クリニックなどで多く行われている医療脱毛です。

医療脱毛とは、医療行為であり、医師以外の人間が施術することができないものです。

レーザー脱毛は、脱毛したい部分にレーザーを照射して、毛根を破壊することによって毛が抜けます。

レーザーの威力は強く、施術が完了した後は、長い間、次の毛が生えてこないことから、永久脱毛とも言われています。

レーザーは、毛根が毛周期の成長期の時に効果を示します。

そのため、休止期や退行期の毛根は影響を受けず、毛が生えてきます。

しかし、これらの毛根が成長期になった時にiレーザーをまた照射することによって、きれいに脱毛をすることが可能です。

そのため、レーザー脱毛は、複数回、間隔をあけて施術します。

間隔は毛周期にあわせるので、大体1ヵ月か2カ月程度の間隔をあけます。回数の目安としては、脇や腕、脚などは5回前後であることが多いようです。

ただし、施術する範囲や部位、施術を受ける人の毛の質などによって実際の回数は変わります。

レーザー脱毛は、事前にムダ毛を剃ってから施術を行います。

シェービングをしてくれるクリニックなどもあります。


注意する点としては、毛抜きで抜いたり、ムダ毛を脱色したりしないということがあります。
これらをしてしまうと、レーザーが上手く反応しなくなってしまう可能性があります。

また、レーザーは黒い色に反応をするため、日焼けが著しい場合などは、肌に反応してしまうことがあるので日焼けにも注意が必要です。医療レーザー脱毛とはクリニックで受けられる医療機器によるレーザー脱毛のことですが、一言でレーザー脱毛といってもいくつかの種類があり、それぞれに特徴が異なります。

多くのクリニックで導入されているのはダイオードレーザーです。

照射面積が広く、短い時間で効率よく脱毛をすることが出来るため、腕や足などムダ毛の範囲が広い部位に使用するとストレス無く脱毛をすることが出来るでしょう。
痛みも少なく肌への刺激が少ないため、全身の脱毛を安全に行うことが可能です。

また、施術前の冷却やジェルが煩わしいという人や、ジェルによるアレルギーが心配な人におすすめなのは冷却風や冷却ガスで肌を冷却しながらレーザー脱毛が行えるアレキサンドライトレーザーです。



痛みを減らしながら脱毛をしていくことが出来るでしょう。

アレキサンドライトレーザーはメラニンに反応するため、日焼け肌には使えないというデメリットがありますが、そんな時におすすめなのはYAGレーザーです。
日焼け肌にも使える安心のレーザーなので、色素の濃いムダ毛に適しています。



同様にG-MAXも日焼け肌や色黒の人でも安心して利用する事が可能で、毛根がしっかりと生えたムダ毛やデリケートな肌でも照射できるため、デリケートゾーンなどのムダ毛のお手入れにおすすめです。レーザー脱毛は自分のムダ毛や肌の状態に合わせてぴったりの種類を選べばトラブルの危険を減らしながら高い脱毛効果を実感するkと尾が出来るでしょう。