脱毛には色々な方法があります

###Site Name###

ムダ毛の手入れを行う人は多いかと思われますが、自分で行うムダ毛の手入れは皮膚の上に伸びているムダ毛を肌すれすれの部分で剃り落とす方法です。

皮膚の表面から毛穴にかけて、これから伸びて来るムダ毛が控えているため、ムダ毛処理をした段階ではきれいになっても、時間の経過と伴に、皮膚の内側、毛穴の中に控えているムダ毛が伸びて来るため、その都度ムダ毛のお手入れが必要になります。



特に、両脇のムダ毛は成長サイクルが早い部分、少し手を抜くと黒いぼつぼつ状のムダ毛が生えて来てしまい、うっかり両腕を上げた時など、他人に見られて恥ずかしい思いをしたなど経験を持つ人も多いのではないでしょうか。



夏時期などの場合はノースリーブやタンクトップなど両脇が丸見えになりやすい服装になる事も多いなど、両脇のムダ毛処理は油断を許さない部分と言えましょう。

しかし、ムダ毛処理を自分で行うのではなく、専門家に依頼した場合脱毛の方法でムダ毛のお手入れをして貰えるため、自分で行うムダ毛処理よりも確実にきれいにして貰う事が出来ます。


脱毛の場合は肌の表面に見えるムダ毛ではなく、毛穴の中に控えているムダ毛を処理するため、レーザーなどを使えば永久的にムダ毛が生えて来なくする事も出来ます。
脱毛が出来る所は大きく分けるとエステとクリニックの2つになります。
エステは美容施術を行うエステサロンなどのお店、クリニックは美容皮膚科などのような病院施設です。


お店と病院の違いは医療行為が許されているか否かの違い、そして取り扱う脱毛器の違いなどがあります。

クリックなどの場合は、レーザー光線を利用する所が多くあります。
レーザー脱毛器には幾つかの種類がありますが、レーザー光線を照射すると、レーザーが成長期に入っているムダ毛に吸収されるので、吸収されたレーザー光が熱に変わって組織を破壊します。

組織が破壊されるとムダ毛を生やす仕組みが壊れるなどから永久性を持つわけです。

尚、組織を破壊する事は医療行為に値するものでもあり、エステでは医療行為が出来ない関係からも、永久性を得られる脱毛が出来ません。


しかしながら、エステの脱毛は人気を集めているわけですが、エステに人気が集まっている理由は、ムダ毛が生えにくくなる効果、毛量が減るので自己処理の手間が楽になる、毛穴に詰まっている老廃物を除去して貰える、美肌効果があるなどです。


さらに、クリニックと比較した場合、料金がリーズナブルな値段になっているので気軽に通える魅力も人気の秘密の一つです。
脱毛を行うサロンは多数ありますが、サロン毎に異なる脱毛器を使っています。

サロンはレーザー脱毛器を利用する事が出来ないので光を使った方法で施術を行っています。

光は特殊なもの、ムダ毛に含まれるメラニンに吸収されやすいもの、吸収される事で熱が与えられ、発毛組織に働きかけ、組織の機能を停止させる、機能を弱まらせるなどの効果を期待する事が出来ます。

IPLやS.S.C.、フォトRF、SHRなど幾つかの種類があり、お店により異なる脱毛器を使っているのが特徴です。


但し、呼び名が異なっても、いずれも特殊な光を照射するもので、サロンでは光脱毛と呼ぶ方法で施術を行うのが特徴です。
光の強さは波長やパルス幅などに応じて異なるのが特徴で、それぞれの機器の性能などで変わります。最近はハイスピード脱毛が出来る脱毛器も登場しており、こうした設備を利用する事で従来よりも短時間で全身のムダ毛をお手入れして貰えるお店も登場しています。

例えば、従来は2時間前後の時間が必要だった美容施術時間も半分の時間で済むなどです。

短時間で処理して貰えるので、会社帰りに立ち寄っても帰宅が遅くならない、施術後に買い物や食事を楽しむ時間も作れるなどのメリットもあります。

IPLは光脱毛器の中でも一般的に普及が行われているもので、多くのサロンで利用が行われています。

IPLの場合は、毛に含まれるメラニン色素に作用するのが特徴です。

メラニン色素は成長期に入るほど濃くなるのが特徴で、休止期や退行期に入るとメラニン色素は薄くなります。

そのため、処理が行われるのは成長期に入っているムダ毛だけで、休止期や退行期のムダ毛は処理が行われにくくなり、次のサイクルで処理をする必要があります。

毛周期に合わせて繰り返し施術を行う必要があるのは、メラニン色素が濃いもしくは薄いなどがあるからです。

尚、メラニン色素は成長期などのサイクルだけでなく、産毛などもメラニン色素が薄くなります。ちなみに、白髪はメラニン色素が薄い毛の代表とも言えますが、産毛の処理効果は弱く、白髪などの場合は効果が期待する事は出来ません。

これはクリニックが利用するレーザー脱毛器も同じです。

但し、クリニックはレーザー光線を使う方法だけでなく、絶縁針を利用した電気針やニードル式などの方法も可能にしています。

絶縁針は毛穴に針を挿入してから電流を流す方法、針先には発毛組織があるので電気エネルギーを熱エネルギーに変換して組織を破壊出来る、ムダ毛の種類などの関係なく効果を期待する事が出来ます。



IPLの波長は500~1200nmと言われていますが、顔の施術の場合はフェイシャル用の波長を使うのが安全と言われており、IPLにはフェイシャル波長が別途用意してあります。

フェイシャルの場合は600~700nmが最適と言われています。

産毛などに対する効果は弱いものの、まったく効果がないわけではありません。


その証拠にIPLを使っているサロンの中には大手の脱毛サロンも多数ありますし、こうしたお店の人気メニューは全身脱毛やフェイシャルなどが含まれているので、効果を期待する事が出来るわけです。


大手のサロンの中にはS.S.C.方式を利用しているお店も多くあります。
S.S.C.の波長は550~1400nm、高周波はIPLよりも上になりますが、S.S.C.方式の場合は施術を行う前に塗布するジェルに含まれている成分が肌に浸透する、光とジェルの相乗効果が起きる、結果的に脱毛効果を高めるなどのメリットがあります。

尚、IPLやS.S.C.方式はクリニックで利用が行われているレーザー脱毛器と比較した場合、施術時の痛みが小さいとも言われています。

光を照射して熱エネルギーに変換された際に、痛みを感じるわけですが、こうした痛みが小さいのもサロンに人気が集まっている理由の一つと言えましょう。
IPLやS.S.C.方式、そしてクリニックで利用するレーザー脱毛器はいずれもメラニンに反応する光を使っています。
そのため、メラニンが薄いムダ毛は効果が弱くなりますが、最近の光脱毛器にはIPLと高周波を利用したフォトRF、波長が575~1080nm、パルス幅が6.5m秒のハイパースキン脱毛器なども登場しており、これらはメラニンに働きかけるのではなく、発毛因子に働きかけるなどからも、施術を行うタイミングは成長期だけでなく、休止期や退行期でも可能とも言われています。

自分の都合に合わせてサロンに出掛けて美容施術を受ける事が出来ますし、メラニンに作用するものではないので、うぶ毛などにも効果を期待する事が出来る、さらに日焼けした肌でも対応が取れるなどのメリットを持っています。

IPLやS.S.C.方式などの場合は日焼けした肌には光線の照射が出来ないので、日焼け対策が必須になりますが、ハイパースキン脱毛やフォトRFなどの場合は、いつでも施術を受ける事が出来るメリットがあります。
但し、日焼けは肌トラブルの元になりますし、特にシミなどの原因を作り出してしまいます。

せっかく、脱毛施術を行ってツルツルの肌になるのですから日焼けは注意が必要です。