医療レーザー脱毛のメリットとデメリットについて

###Site Name###

医療レーザー脱毛は、黒い色に特によく反応するレーザーを脱毛したい部位に照射すると、レーザーが毛根の黒いメラニン色素に反応して吸収され、毛根と毛乳頭を熱破壊するという仕組みになっています。


医療レーザー脱毛のメリットはまず、脱毛効果が非常に高いことです。
毛の再生組織である毛乳頭を破壊するので、一度処理した毛穴からはほぼ永久に新しい毛が生えてくることはなく、面倒な自己処理から解放されます。カミソリなどの自己処理は肌に負担となり、カミソリ負けや肌荒れ、色素沈着などの原因となりますが、脱毛することによってそうしたリスクもなくなるわけです。

毛根からしっかり処理するので、自己処理のように黒いブツブツが残ることもなく、仕上がりはとてもきれいです。


しかも毛がなくなった毛穴はキュッと引き締まるので、なめらかですべすべの肌になります。



また、医師のいるクリニックで行うので、万が一肌トラブルが起きたときでもすぐに診てもらうことができるという安心感もあります。医療レーザー脱毛のデメリットとしては、痛みが強いということがあります。


しかしこれについては、最近では冷却装置や吸引装置を搭載した新機種も登場しており、大幅に改善されてきています。

また、費用が高いということもよくいわれますが、サロンの脱毛に比べると少ない回数で済み、永久脱毛効果も得られることからコストパフォーマンスはよいといえます。

お得なパックやキャンペーンを行っているクリニックもあるのでよくチェックしてみましょう。

レーザー脱毛といえばどれも一緒で、エステサロンで行うのも、クリニックで行うのもどれも同じだと思ってる人もいます。

結論からいえば、これは大変な誤りであるといわなければなりません。

レーザー脱毛は確かにエステでも医療機関でも行いますが、その内容は同じものではありません。むしろと、根本的な違いがあるといっていいでしょう。どんな違いがあるかといえば、永久脱毛ができるかどうかという点です。

医療機関で行われるレーザー脱毛では、永久脱毛することができますが、エステサロンの場合はそれができません。

なぜそんな違いが生じるかといえば、エステで使用するレーザーとクリニックのレーザーでは、出力が違い過ぎるのです。

クリニックで使用するレーザー機器は高出力で、そのエネルギーで毛母細胞を破壊することができます。
しかしエステで使用されるレーザー機器は、クリニックのものより出力が減じられていて、それで毛母細胞を破壊することはできません。毛母細胞を破壊することができなければ永久脱毛することはできないので、結果としてエステでは永久脱毛できないのです。

では、エステでも同じ機器を使用すればいいじゃないかということになりますが、それは不可能です。
なぜなら、永久脱毛ができるレーザー機器の使用は医師免許を持った人間でなければ使用が許されていないからです。
エステサロンのエステティシャンは医師免許は持っておらず医者ではないので、永久脱毛ができるレーザー機器を使用することはできません。
医療用のレーザー機器を使用し、毛根と毛の再生組織である毛乳頭を破壊して、ほぼ永久脱毛に近い効果が得られると評判の医療レーザー脱毛。

医師の監修の元、クリニックで行われるので安心・安全ということもあって人気となっています。

しかし、脱毛効果の高い医療レーザー脱毛といえども、1回の施術ですべての毛を処理することはできません。
毛には毛周期という生えかわりサイクルがあり、交互に成長しては抜け、また新しく生えかわるということを繰り返しているからです。

毛周期は成長期・退行期・休止期の3つからなりますが、医療レーザー脱毛はレーザーが毛の黒い色素に反応する性質を利用しているため、黒いメラニンが豊富にある成長期の毛にしか威力がありません。毛周期は体の部位によって長さが異なり、さらに同じ部位でも毛によって時期がバラバラなので、1回の照射で処理できるのはごく一部なのです。



照射後にまた毛が生えてきてしまうのは、そのとき休止期だった毛穴から新たな毛が生えてくるからです。

こうしたことを考慮に入れ、多くのクリニックでは2カ月に1回のペースで施術を行っています。

1回でもかなりの毛がなくなりますが、完全にすべてなくすには、個人差はあるものの大体5~6回は通う必要があると言われています。

期間にすると1年程度ということになりますが、2~3年通っても完全にはムダ毛をなくせないサロンの光脱毛に比べると、かなり効率がよく効果も高いといえるでしょう。

脱毛をするのに、医療レーザー脱毛と脱毛サロンを比較して、費用に随分違いがあることに気がつくかもしれません。

基本的に、医療レーザー脱毛は高額です。
これに対し、エステサロンで行う脱毛は、例ーザー脱毛よりも、ずっと安くなります。
サロンと利用期間では、導入されている脱毛機器が違います。



エステサロンで導入しているのは、プラズマ脱毛やIPL脱毛といった光脱毛になります。

皮膚科などのクリニックで採用しているのは、医療レーザー脱毛のマシンです。
この違いは、照射出力の差になります。

法律を守って、エステ脱毛では、長期的な効果を持つ脱毛を行うことはできません。

そのため脱毛サロンなどでは、出力レベルの低い脱毛マシンでのお手入れをしています。

医療機関は、パワーも強力な医療レーザー脱毛のマシンを導入しています。

皮膚科や美容クリニックでは、ドクターが常駐しているものです。

脱毛の施術で、患者さんにもしも肌トラブルが起きた時にも、即座にドクターが対応することが可能です。

ドクターの判断により、塗り薬や飲み薬を処方することもできます。


トラブルが起きたとしても、ドクターがいることで、適切な医療の処置を出来るので、高出力の医療レーザーのマシンを導入することも可能なのです。脱毛サロンとの大きな差は、この照射出力になるのです。


効果が高く永久性もあることから、医療レーザーでの脱毛は、エステ脱毛よりも、どうしても高額になってしまうのです。


日本で脱毛をしようとすると、エステのフラッシュ脱毛か、クリニックのレーザー脱毛を受けることになります。


広告などでよく見るエステの脱毛は安く、思わず金額につられてしまうことがあります。

しかし、安いのには理由があるからです。
クリニックのレーザー脱毛は、エステの脱毛に比べると費用が高い傾向にあります。


なぜなら、医療用のレーザー脱毛機と、医師や看護師といった資格を持つスタッフがいるためです。
レーザーは、黒い色に反応します。

お肌の上から照射すると、毛に向かって進んで行き、奥まで届いて、熱エネルギーによって毛根を破壊します。

毛根には毛を生やす元になる毛母細胞があり、破壊されると毛を作ることができなくなります。

一度施術した毛穴からは、二度と毛が生えてきませんので、確実で効果的な脱毛が可能になります。人間の毛のうち、肌の表面に出ているのは全体の20%ほどです。5回の施術を受ければ、毛はほとんどなくなり、ムダ毛の自己処理も不要になります。
毛根を破壊するパワーはなく、なかなかムダ毛が減ったという実感がありません。

レーザー脱毛の2~3倍もの回数が脱毛完了までかかってしまいますが、施術後に再び毛が生えてしまうことがあります。

また、エステで施術をするのは医師や看護師ではなく、医療系の資格を持たないエステティシャンで、お肌のトラブルも多いです。
フェミークリニックを紹介